2021年10月10日

人の回復力に触れ思うこと

金木犀の香りがあと一息のところで足止めしている

そんな今年の10月初旬ですね。

ご無沙汰しております。

ハナハウス 了ちゃんです。


先日お引渡し間もない、尼崎のNk様宅訪問させて頂きました。

今回建替建物側と、既設建物側との連結部に渡り廊下を設けさせていただきました。

生活していく上での利便性向上の為の工事でしたが

建築という仕事が大きな一役を担ったお話を少しばかり紹介させていただきますね



認知症・体力の衰えもそれぞれ進行し寝たきり状態のおばあちゃんのお部屋と

建替建物側とが畳一帖の渡り廊下を設けることにより

いうなればおばあちゃんのお部屋がたちまち一等地の目抜き通りとなりました。


医学的な専門知識はあわせもっていませんが、昨日椅子に腰を掛け好みのテレビ鑑賞に興じておられる姿を

現実として目の当たりにしました。

ご家族も驚かれるような人間の回復力とは神秘的ですよね。



ひ孫さんとの4世代共生のご家族の人の流れが大きく変わり、

おばあちゃんの生活そのものに人間性を取り戻す一助になれたのかもしれない

今回の工事は、Nkさまご家族にとりましては

利便性以上に心穏やかな生活そのものをつかみ取ることの出来る

架け橋になったのではないでしょうか❓


とうまくまとめてしまうのは、飛躍しすぎですかね



おばあちゃんにとりまして、居心地のよい空間でありますように






posted by りょうちゃん at 19:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月18日

ありがとうね♥

今年の梅雨入りは異例の早さになりそうな、連日の空模様ですね。

何気ない日常の微笑ましい出来事に、とてもやりがいを感じる今日この頃。


S__87621679.jpg

あづきちゃんへ

ありがとうね

おじちゃんはあづきちゃんのなんばいもおとなだけれども

それでもこうしてほめてもらえると、とてもうれしいよ。

おじちゃんのおしごとは、こうしてあづきちゃんのようにほめてもらうことが

ほんとのおしごとかもしれないね。

だからあづきちゃんもおとうさん、おかあさんにほめられたら、もっともっとおべんきょうや

おあそびもいっしょうけんめいがんばってくださいね。

あづきちゃんがおとなになってもおじちゃんのかいしゃは、がんばっているとじしんがつきました。

あづきちゃんのにっきをみて、そうおもいました。

おしまい。

またね。








キャプチャ.JPG

あいなちゃんへ

あいなちゃんとさきまっちょがとてもなかよしだとあやちゃんからききました。

すこしやきもちをやいて、あやちゃんにしょうじきにいいました。

そしたら、こうしてあいなちゃんがおてがみをくれました。

やさしいいいこだなとおもいました。

そんたく(←おとうさんおかあさんにきいてください。)できるいいこだなとおもいました。

おうちのかんせい、もうすぐだけども、さいごまでがんばるね(おもにあやちゃんが)

おてがみありがとうね。

おしまい。

またね。



posted by りょうちゃん at 20:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月09日

建具一筋

ご無沙汰しております。
依然としてマスクが手放せない情勢ですね。

4月の終わり頃。
長年お付き合いをしてきました建具屋さん。
山室さんといいますが、闘病の末力尽き、旅立たれました。

山室さんの実兄が、私の大工の師匠との縁結びを取り持って下さいました。
そこからの山室さんとのお付き合いですが、思えば四半世紀。

そこから私は起業し、立場上主従関係がありながらも
人生の先輩として、職人の先輩として、しばらくは「りょういちくん」と
人懐っこく呼んでいただいたことが今でも心地よい思い出でもあります。

お互い上手くもないゴルフが共通の趣味でもあり、また酌み交わすことも幾度と。
名残は尽きませんが、全てが新鮮に思い出されますよ。

二年前に亡くなった父親を兄貴にように慕っても頂いておりました。
戦前生まれの苦労した世代。
分かり合うものがあったことでしょう。




松山英樹プロのマスターズ制覇の偉業達成
近いうちにといいながら、叶う事の無かったゴルフの話題
LINEでの既読が最期の意思疎通になるのもどこか切ないものですね。


山室さんの建具の切り込みは必ずいつもきついんですよね。
分かるんです。
私も職人が故に。
逃げるような仕事ではなく、目いっぱいの仕事をするという
山室さんの生き様そのものが、仕事の姿勢に表れていたんですよ。


私の生まれ年の昭和42年開業の山室木工所

永らくのお勤め、お疲れ様でした。
そして大変お世話になり、厚く御礼申し上げます。


心よりご冥福をお祈り申し上げます。


合掌









posted by りょうちゃん at 20:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。