2018年06月21日

戒め

世の中には、モテ期というものがあるということ事ですが・・・

あった、あった〜

りょうちゃんにも、あった、あった〜



一頃、取りつかれたように

会員登録しましたぁ〜?

言うぐらい、交通違反でおまわりさんにモテた時期があったよォ〜


一年半前に切られたキップを今は、財布の中に携帯しています。

以降はやはり自分を戒める気構えで運転する様になりましたね。



幾度となく経験してきました地鎮祭ですが

先日のそれは、とても気が引き締まる儀式となりました。


枚方にあるさだ神社。(漢字の変換出来ずスミマセンm(_ _)m。かの菅原道真公が京の都から九州太宰府に御左遷する

途中立ち寄られたという由緒ある神社さんでした。)

女性の宮司さまは厳格なしきたりの下、それはそれは厳粛に執り行っていただいました。


お会いするやいなや、「厳しいで

とは前述の女性宮司さま。

厳しさと同じ質量の優しさをお持ちで、私には古の時代から受け継がれたしきたりを守り続けなければいけないという、

何処か今の時代に流され、蔑ろにされてはとても困るんです

という曲げられない責務からくる、宮司さまの生き様を目の当たりにする事ができました。



翌日の18日の朝、大阪北部を震源とする大きな揺れに見舞われました。

数名の死者や多数の負傷者を出す、大きな災害となり

本意をとり間違われないようにしたためますが

大きな災害を機に

平時のありがたさや、相互扶助の大切さに気づかされるんですよね。


昨日のワールドカップの侍JAPAN

専門的な見地からコメントするのは野暮でしょうから、

何より武士道精神のもと、正々堂々と戦い勝利した、そのことに日本人として誇りに思うわけです。


誤解を恐れずに

地震大国日本という国は、古の遠〜い時代から幾度と戒める事の機会があるゆえに

染み付いた気質、風土が形成されているのではと、改めて思うわけです。



日本人サポーターのゴミ持ち帰りの行いが、海外からも称賛はされど

その裾野が広がらないのは、その芽が育つ土壌が無いからと言えば、怒られますか?


侍JAPAN

結果以上に、世界一正々堂々と戦って欲しいものです。



大和魂とは

こういうものなんじゃ

と世界が腑に落ちるところを見てみたいものです。

















posted by りょうちゃん at 23:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする