2018年07月03日

ホントにお疲れ様でございました!

今から40年程前

4トップのフォーメーションでウィングハーフという今では死語になってしまった

ポジションで、当時野球が全盛時代にサッカーを少しやってましたりょうちゃんです。


昨日(3日未明)行われた、W杯決勝リーグ 我が侍ジャパンVSベルギー戦。

死闘の末、惜敗した侍ジャパン。


スポーツ観戦で、選手の悔し涙が胸に突き刺さることなど過去には無かったものです。

芸人 麒麟の田村さんの著書で「味の向こう側」という独特の表現があった気がしますが、

今回、試合後の選手の悔し涙を見ていると、こちらとしては、悔しさの向こう側の、「愛しくて、愛しくて」

仕方の無いとても清々し気持ちに襲われましたね。



ポーランド戦への批判に対しても、武士道を貫いたように思います。



ベルギーの選手も、正々堂々と戦った試合内容にも心が揺さぶられた様にも思います。

出来ることなら、ベルギーには頂点に登りつめてもらい、そこからの眺めに手が届くあとわずかの所まで

たどり着いた確かな爪痕を、今大会の想い出としたいのは僕だけでしょうか?



「Nana korobi ya oki!」

リップサービスとは言え、海外ファンからの粋な労いの言葉。



ハナハウススタッフのサッカーフリークはここからもW杯は続きますが

一先ずりょうちゃんは完全燃焼で一区切りです。




先の戦争で負のイメージがありますが、

【玉砕】

玉のように美しく砕け散ること。全力で戦い、名誉・忠誠を守って潔く死ぬこと。



本来の意味はとても素敵な意味合いだったんですね。

侍ジャパンに捧げます。


本当にお疲れ様でございました


posted by りょうちゃん at 23:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする